リサイクルが何故大切なのか改めて考える授業

世界的問題として考える

3アール

リサイクルに関しては環境省でも3つのアールとしてキャンペーンを進めています。
まずはリデュースこれは廃棄物を出さないようにすることです。物を大切にし、新しいものを増やさない、マイバック持参でビニール袋のゴミを出さないようにすることです。
次がリユース、再使用することですね。同じものを使うことでゴミを出さない、新しいものを増やさない。ビンには一度しか使わないワンウェイビンというものと何度も使われるリユースされるビンのリターナブルビンというものがあるようです。最後がリサイクルです。
この順番は廃棄物処理の優先順位になっているそうです。
確かにゴミを出すことがなければリユースもリサイクルも必要ありません。
しかしそれは難しいので最低限の使用量とゴミで循環していくことが当たり前の世の中を作っていきたいです。

環境問題

環境問題は地球全体の問題です。
人類の成長に伴って進んできた科学技術や経済成長、それと同時に環境破壊、温暖化、廃棄物処理、様々な問題にぶつかっています。
かつては資源もなくならないと思われていたのでしょうか。環境破壊をすることで災害も増え、災害は昔からあったのでしょうが、その被害は自然を怒らせてしまったのではないかと思うほどです。
最近ではマイバック持参でお会計が値引きされたり、ビニール袋を有料化したり、カフェなどのお持ち帰りの容器のストローを紙にしたり、なくしたり、環境に配慮した活動が増えています。人間だけが住みやすい環境では何も生まれません。
地球に生存しているすべての生き物が住みやすく心地の良い環境を作ることが地球の将来に不可欠になるのかもしれません。


この記事をシェアする